It's my life.com

¡¡Madre Mía!!

All over the world

オーストラリアでUberEATSの配達員やってみた

みなさんこんにちは。

いやあ夏ですね、暑いですね、クリスマスですね。

 

そうです、僕は今オーストラリアにいます。

ワーキングホリデーのビザを取得して毎日鬼のように働いています。

 

海外で働くこと、英語を使う環境に初めは戸惑いましたがかなり慣れてきました。

ぶっちゃけ日本で働くのと、海外で働くことはほとんど同じです。

英語か日本語か、給料が高いか低いか、くらいです。

みんな海外で働くっていうとなんかエリートみたいなステレオタイプがありますが全然そんなことはないです。

どの国の人も、英語ができてもできなくても、することは一緒だと思います。

 

まあアジア人は比較的せっかちで声でかくてすぐにキレますが。。。

 

そんなことはさておき、今日は僕の3番目の仕事、UberEATSの配達についてお話ししたいと思います!

 

Uberとは

f:id:mygwkig:20171222162536j:plain

みなさん知っていると思いますが一応簡単に説明しますと、海外でかなり有名な会社で、自分の車を使って空いている時間にタクシーとしてお金を稼げますよっていうサービスをしているところです。

日本では法律で禁止されているのでまだ利用できないと思いますが海外に行くことがあるのであれば知っておいて損はないです。

タクシーよりも安くて料金も一定なので安心っす。アメリカとかだとほとんどUberで移動しますね。

アプリダウンロードしたらすぐに使えますよ!

 

UberEATSって?

f:id:mygwkig:20171222162655p:plain

 

これは人を運ぶのではなく提携しているレストランやお店のフードをお客さんのところまで運ぶっていうサービスです。

利用者はアプリから食事を注文して配達員がそれを届けるという流れです。

 

僕はこのUberEATSの配達員に登録して実際にお金を稼いでみました!

 

ちなみにUberEATSは日本でもできます!

 

 

登録方法

 

登録は簡単で、ホームページから配達員情報を入力、個人情報を証明するID(パスポート、国際免許証など)の画像を送って、オフィスから連絡が来たら専用のバックパックエスパー伊東入れるんじゃねってくらいの)をもらって説明を受けて終了です!

 

だいたい1〜2週間ほどで登録できてその日から好きな時間に、お金を稼ぐことができます。

 

準備するのはチャリ、またはバイク、車。そして飲み物!それだけ!

 

携帯のアプリを使って仕事をしていくので充電器があれば楽です。

 

 

どのくらい稼げるのか

 

ここが重要ですよね。実際は場所によってレートが違います。

オーストラリアでも西と東だと変わってきます。

自転車かバイクか、これにも差がありますが今回僕は自転車での挑戦ということで。

 

給料はは届ける場所、時間にもよりますがそれは自分では決められないので平均で出していきます。(3〜5km圏内の配達)

 

僕は1か月間平日の昼の時間を使って配達をしました。

 

簡単に言うと、1回の配達で平均6〜8ドル(500~700円くらい)もらえます。

 

ピーク時という時間がありまして昼だと11時〜14時、夜は18時〜21時くらいです。

平日の昼だと30〜50ドルは稼ぐことができます。

時給だとだいたい15〜19ドルくらいです。

どうでしょうか、結構いいお小遣いになるんじゃないでしょうか。

 

僕の場合平日の昼のみ走って週に150〜200ドル稼げればいい方です!

 

 

こんな人におすすめ 

 

  • 海外留学生活しているはいいものの、なんか暇な時間あるよってひと(勉強せえ)
  • ワーキングホリデーで空いてる時間を使いたい人。
  • 現地の人達と少しでも絡みたい人!

 

などなどっす!

3番目に関しては、お客さんがほぼ現地人なので、接客も、道に迷った時も、電話も全部英語で会話します!当たり前です!

英語力をあげたいって人にはぴったりなんじゃないでしょうか!

 

会社のオフィスとかマンションとかいくと海外って全然ちげえなっていつも思います。

 

本当に、海外で働くことは何倍もいい経験になると思うのでおススメです!

 

特にUberは自分の好きな時間に働けるのでめっちゃいいですよ!

 

みなさんもぜひトライしてみてくだせぇ!!

 

ではでは!