It's my life.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

¡¡Madre Mía!!

〜ケイゴの旅日記〜

カンボジアで睡眠薬強盗に遭った話

こんにちは!

今回はカンボジアシェムリアップで僕が遭遇した、睡眠薬強盗について詳しく書きたいと思います。

 

f:id:mygwkig:20161117004805j:plain

 

カンボジア2日目。アンコール遺跡を見学して感激をした僕は宿に戻ってから街にあるパブストリートに向かいました!

 

前回のカンボジア編で紹介したパブストリートですが、1ドルのフルーツジュースやゲテモノなど、たくさんの屋台とレストラン、バー、ナイトクラブがあります!

 

f:id:mygwkig:20161117005057j:plain

カエル

f:id:mygwkig:20161117005054j:plain

ヘビ。意外といけました。

f:id:mygwkig:20161117005101j:plain

クモ

f:id:mygwkig:20161117005105j:plain

 サソリ。食べる気にならない

 

 

規模は小さいですが夜になると観光客で溢れていました。

そこで僕は、こんなところもう来ないだろうと思ってお土産を買いました。

 

その時いろんなお店の人に美味しいご飯やいいレストランを聞いて、クメール料理のアモックを食べることにしました!

 

僕が行こうとしていたレストランはとても有名で、割高ですが美味しかったです。

f:id:mygwkig:20161114185301p:image

このKhmer kitchen っていうところです!

雰囲気もよく、いい感じだったので入ろうとした時、犯人のおっさんに話しかけられました。

自称トルコ人で年齢は50歳くらい。見た目は小太りで、めっちゃフレンドリーでした。

店の前でしばらく話をしました。

もちろん英語で!

 

どこから来たのか、何をしたのか、何が好きで何が嫌いか。などなど。

 

知らない人と話すことが嫌いではない僕にとってはとても楽しくて、しかも気が合う、フレンドリーな優しいおっちゃんだったので、一緒にご飯を食べることにしました。

 

僕がアモックを食べ、おっさんはビールを飲み、他愛もないくだらない話や、今の世の中に対する考え方、一人旅って最高だよなって話をして盛り上がってました。

 

この時は本当に何も気づかなくて、

おもしろいおっちゃんに会った!一緒に写真撮ってサヨナラしよう。

って思ってました。

 

だってイスラム教徒なのにビールガンガン飲むし、家族なんていらねえって言って自由な生活してたもんですから。笑

 

トルコではサラリーマンらしいっす。

 

2時間くらい経って、おっさんが次の店に行こうと言い始めました。ここの店はビールが高いから安いところに行こうと。

全部奢ってやるからって言われて、まあ少しならいいと思ってついて行きました。

いい感じのバーについてビールを飲み、おっさんが女の子をナンパし始めました。

相当な女好きで、世界各地で遊んで来てるっぽいっす。

お前もどうだ?って言われたけど、

「I must keep trust of my girlfriend 」

っていう覚えたての臭いセリフを言ってごまかしました。笑

 

しばらくおっさんと飲んでいて、酔いも回ってきたのでトイレに行きました。

 

戻ったらおっさんがスープを頼んでいてくれて、これでも飲んで酔いを覚ましなって言ってくれました。

優しいじゃ〜んってスープを一口

意外と美味しくて全部食べました。

 

するとしばらくしてから急に眠くなってテーブルにを打ち付けました。

あれ?普段はあんまり眠くならないのになんでだろう。

 

と思いながらぼーっとしてたらもう一度眠くなり、、、

 

 

 

 

 

 

気づいたら宿の前、トゥクトゥクに乗っている自分。

なんで自分がここにいるのかもわからない。

なんか夢を見ていたような感じ。

手元にはお土産とショルダーバッグ。運転手にお金を払わなきゃって財布を見たら、

 

お金がない。。。。

 

カード類以外すべてなくなってしまいました。

トゥクトゥクの運転手はお金はいいと言って帰ってしまい、

わけもわからずパニック状態のまま部屋に戻り、眠さが続いていたので寝ました。

 

 

次の日、起きてから手持ちのお金がゼロという現実を打ち付けられ、ひとまず宿の人に事情を説明しました。

そこで初めて睡眠薬を飲まされたことを知りました。

こういった犯罪はよくあるらしく、ツーリストポリスに行ってもあまり意味がないらしいです。

なぜならカンボジアの警察はお金を出さなきゃ動かないんです。

発展途上国の地方ではよくある話です。

しかも僕は現金を盗まれたので証拠がないです。

 

カードを盗まれなかったのは足がつくからでしょう。

現金だけを盗んで僕をトゥクトゥクに乗せ、宿まで送り、探されないようにした。

完璧な手段で見事にやられました。

約7万円と200ドル。

それを知った時、僕は悔しくて仕方ありませんでした。

 

この日の午前中までぼーっとした状態が続いていて、なんか不思議な感じでした。

 

とりあえずクレジットカードでお金を少しキャッシングして、親に連絡。

今後の日程をどうしようか悩んでいましたが、ここまで来たんだから行くしかないということで旅を続けることにしました。

 

 

今こうやって話をすると笑い話になりますが、もし犯人のおっさんがもっと悪い人だったら、僕はこの世にいませんね。

トルコ人でイスラム教だったので。

取られたのがお金だけでよかったです。

 

僕がこの犯罪に巻き込まれた原因は、

  • 一人で行動していたこと
  • 少し英語が話せたこと
  • 宿の部屋に鍵がなかったので全てのお金を持っていたこと
  • お酒を飲んで気が緩んでしまったこと

だと思います。

 

お金はあまり持っていくべきではありませんね。

 

これから海外に一人で行く人。本当に気をつけて下さい。

基本的に話しかけてくる人は悪いやつです。

安全に楽しく旅をするためにも、防犯は重要です!

 

平和ボケしてる日本ではありえない話ですが、後になればいい経験でした。

みなさんも気をつけて下さい!!!

 

 

今日の一曲

www.youtube.com

Chris Brown の Don't Wake Me Up です!

 

 

では!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする