It's my life.com

¡¡Madre Mía!!

〜ケイゴの旅日記〜

東南アジア一人旅①参考ルートと準備するもの

今日から何回かに分けて、一人旅について書きます!

f:id:mygwkig:20160926184902j:image

 

〜東南アジア〜

みなさんは、東南アジアって聞いて何を思い浮かべますか??

  • 暑い
  • 汚い
  • 物価が安い
  • フルーツ
  • 野良犬
  • スコール

このくらいですかね。

「えーベトナム?もっとおしゃれなとこ行こうよー。」

「タイは治安悪いからなー」

とか思ってる人も多いと思います。

僕も最初はそう思ってました。

けど、違ったんです。

大事なのは、決めつけないこと。

行ってきてから言って下さい。

 

参考ルート

僕は今回の旅はこのルートで行きました!

 

f:id:mygwkig:20160926162727j:image

 台湾→香港→マカオ→中国→ベトナムカンボジア→タイ→インド→タイ→マレーシア→シンガポール

行きたいところを効率良く回ろうと思ってこのルート。台湾はなくてもよかったかなって今は思うけど、、

 フィリピンにも行きたかった!!

けどインドの方が行きたかった。

いろいろ悩んだ結果、このルートになりました。

もっと短くていいって人は

f:id:mygwkig:20160927131832j:image

これでもいいんじゃないすかね!

フィリピンからホーチミンに入ってもいいかも。

タイからならどこへでもいけるので、ひとまずタイに行ってみるのもありです!

 ちなみにラオスでは国内限定のゾウ使いの免許を取得できます。

ベトナムカンボジアタイは行くべきです。

逆に南から上がってもいいですね。

タイから他の場所に移動してタイに戻るのもよし。

ルートは人それぞれです。

何をしたいのか、何を見たいのか、どのくらいの期間なのか。

上記3か国をのんびり放浪するのもあり!!

 

準備するもの

  • バックパック

→50〜70Lほど。登山用がベター。

  • 小さめのバッグ

→財布や小物を入れる。外出するときはこれを持っていく。

  • 寝袋

→あれば便利。どこでも寝れるぜ!

→お腹弱い人、インド行く人は必須

  • 走りやすい靴

→野良犬のしっぽを踏んだらダッシュで逃げろ!

  • 乾きやすい服(3日分)

→宿で自分で洗濯。

  • 軽めの上着

→飛行機や建物の中は寒いところが多い。

  • 海パン

→パンツなくてもいける

  • 帽子

→ヤル気デルネ

  • タオル

→服を乾かすために1つ

  • スイムタオル

→最強アイテム。これだけ持ってシャワーへ。

 

  • 参考書

Wi-Fiがないところで使う

  • カメラ

→綺麗な景色はいいカメラで。

  • 財布2つ

→大きいのと小さいの

  • 南京錠

→鍵がない部屋やロッカーがあるから

  • ワイヤーロック

→バックパック盗難防止

  • トイレットペーパー

→インドでは紙ではなくバケツの水です

  • ウェットティッシュ

→何か食べる前に。

  • 虫除けスプレー

→虫ほんと多いよ

  • 日焼け止め

→日差し強い。塗っても焼ける。

  • クレジットカード

→必ず持っていくこと。おすすめはライフカード

  • 海外保険証

→当たり前。

  • パスポート

→なくしたら終わり

  • 勇気と冒険心

→持ち続けること。この先もずっと。これがなくなると沈没するかも、、、

www.backpacker-howtotravel.com

 

 

このくらいですかね!

あとは自分の持っていきたいもの。

PCとか音楽プレーヤーとか本とか持っていけばいいんじゃないですかね。

 

あまり高価なものはおすすめしないです。最悪なくなってもいいものにしましょう。保険金詐欺が多いので、最近は証拠がないとツーリストポリスも相手にしてくれません。

 

お金について

現金はなるべく持っていかないようにしましょう。

財布は2つに分けておくこと。持ち歩く用と、リュックに入れておく用。

クレジットカードについてはこのブログを見てもらうとわかると思います!

今のバイト先の先輩です!

 

www.weiadelaide.com

 

荷物はLCC(ローコストキャリア)では機内持ち込みは7〜10kg以内で、超えてしまうと有料になるので、注意しましょう。

準備できたらいますぐ旅に出よう!

f:id:mygwkig:20160927143057j:plain

 

宿泊について

バックパッカーは基本的にお金がないのでホテルには泊まりません。

ゲストハウス、ホステルなどと呼ばれる格安の宿に泊まります。

f:id:mygwkig:20160927134928j:plain

アクセスや国にもよりますが東南アジアはだいたい1泊300円〜1000円です。

安いですよね。1人1個のベッドとあるところはロッカー。

シャワー、トイレは共用で温水が出るところもありますが基本的に冷たいです。

部屋は汚いところは本当に汚いです。南京虫には要注意。

ほとんどの場所が男女共用でした。

みんな朝めっちゃ早く出発するし、いびきとか虫とか物音が気になる人は眠れませんね。

僕は毎日熟睡してましたが。(笑)

 

宿の探し方ですが、基本はみんな地図を見て歩いて値段を交渉したりするみたいですが、僕の場合は時間がなかったのでBooking.comで予約してました!

www.booking.com

値段は少し高めで載ってない宿(日本人宿など)もありますが、口コミ評価や部屋の写真、場所、アクセスを知ることができるので初心者には超おすすめです!

前の日にこれで予約してそこへ行けばいい話ですので、時間短縮になります!

まとめ

いろいろと情報が欲しい人は日本人宿をおすすめします。

旅人が書き残したノートがあるところもあります!

ゲストハウスのスタッフはどこでも親切で優しい人ばかりです。

電車やバス、ツアーの予約をしてくれたり、飲み物をおごってくれたり。

何より同じ部屋の旅人と仲良くなるとめっちゃ楽しいです!

英語がうまいとか下手とかそんなの関係なく、一緒にご飯を食べに行ったり、ツアー行ったり、テレビ見たり、自分の国のいい場所を紹介したり。

友達がいっぱいできるので、とにかくビビらずに自分から話しかけましょう!!!

これが、旅の醍醐味ってやつです!!!

 

 

 

ここらで今回は終わります!

だいぶパソコン慣れてきた!

今日の一曲  new!

毎回僕の好きな曲を紹介しようと思います!

記念すべき一曲目は平井大の「For The Future」です!

これを聞くといろいろ思い出す〜


平井 大 / For The Future from「OHANA」

次回もお楽しみに!!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする