It's my life.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's my life

〜ケイゴの旅日記〜

インドの悪徳旅行会社とバトルした話

今回は僕がこの旅で一番悔しかったことを書きたいと思います。

 

f:id:mygwkig:20161214115432j:plain

 

インドに到着してメインバザールを歩いていると、旅行会社の男に声をかけられ、ついて行ってしまいました。

詳しくはこちら

backpackerkeigo.hatenablog.com

 

僕が買ってしまった電車のチケットは

アーグラ→バラナシ

バラナシ→ジャイプール

ジャイプール→デリー

この3つとデリーからアーグラへのタクシー代です

全部合わせて20000ルピー

日本円で2万5000円です。

正規の値段は約6800ルピーです。

結果的にぼったくりでした。

これに気づけなかった、騙された自分がいました。

何かあったら連絡しろって言われてWhat's upだけ交換したので、そのやりとりを載せようと思います。

 結局電車の時間も違っていてチケットも取れていませんでした。

f:id:mygwkig:20161214102337j:plain

僕がこれを送ったのはアーグラで詐欺だということに気づいた時です。

キャンセルするからお金を返して欲しいと言いました。

f:id:mygwkig:20161214102352j:plain

そしたらそのお金はタクシー代とサービス代だと言い張ってきました。

f:id:mygwkig:20161214102437j:plain

でもチケットの時間が違っていたのです。

すぐに直してくれと言いました。

f:id:mygwkig:20161214102451j:plain

それで変更したのも時間がおかしくてじゃあ元に戻してくれとお願いしました。

f:id:mygwkig:20161214102508j:plain

僕がお金の話をすると話を変えてきました。

f:id:mygwkig:20161214102551j:plain

バラナシまでは行けたのですがジャイプールに出発する日の朝にメールをチェックしたらウェイティングリストという空席待ち状態だったので電車に乗ることができませんでした。

 

f:id:mygwkig:20161214102606j:plain

 過去に旅行会社に押し寄せてお金を返してもらった例があるということを知っていたので、その次の日にはデリーに向かいました。

 

そしてデリーの旅行会社へ、警察を連れて乗り込んで行きました。

 

猛烈な戦い

旅行会社はここです。

f:id:mygwkig:20161214104923j:plain

メインバザールから少し外れの道路沿いにあります。

警察のおっちゃんとバイクをノーヘルで二人乗りして行きました。笑

中に入ると奴がいました。

インドでは警察の権力が強いので僕が連れてきたことに結構慌ててました。

僕はニヤニヤしてるそいつの顔を見ると怒りがこみ上げてきました。

 

「多く払った金を返せ!」

「何のことだ?」

 

そこから僕はこのチケットは高すぎること、ジャイプールに行けなかったこと、時間を無駄にしたことを説明しました。

 

そしたら向こうはそれはサービス代だ、タクシーはそんなに安くないと行ってきたのです。僕が乗ったタクシー会社の運賃(確かではない)を見せてもらいましたがどう見ても高すぎます。

 

1キロ20ルピーでデリーからアーグラが500キロなので10000ルピー。

高すぎます。

 

しかも不確かなので僕はデリーのタクシー会社の料金の平均にしようと言いました。

そうすると10000ルピーは戻ってくる計算だったのですが向こうがそれは片道料金だと行ってきたのです。

 

タクシーの往復料金払うってそんな理不尽なことないですよね。

そこで僕はさすがに怒って怒鳴りながら金を返せ!と反論しましたが僕が怒っているのを聞きつけてガタイのいいやつらが集まってきました。

 

警察は黙ったまま。

 

向こうも反撃するかのように身を乗り出し、早口の英語で攻めてきました。

当然のことながら、僕は英語が完璧ではないので自分の思ったことをうまく言えませんでした。

 

お前は詐欺師だ!って言ったら、

おう詐欺師だと思うなら逮捕してくれ。証拠はあるんだよって

 

一貫して向こうはお金を返す気はないです。

まあもちろんですよね。

 

そのあとも英語で押されまくって立場は逆に。

警察のおっちゃんもこれならしょうがないよって感じで帰ってしまいました。

僕も必死で対抗しましたがダメでした。

 

最後に言われた「Are you baby??」ってフレーズがマジで突き刺さりました。

 

結局5000ルピー返してやるよって言われましたが今日は銀行やってないから明日来いと言われ、次の日もそんなお金持ってないと言われ、1円も戻ってきませんでした。

 

泣き寝入りです。

 

デリーで泊まった日本人宿のスタッフの人にもアドバイスをもらいましたが、ダメでした。

全ては僕が悪いんです。

下調べもせずにインドにきて、まんまと騙されて、、、

 

悔しくて仕方なかったです。

詐欺に遭ってなかったら、もっとインドを楽しめたと思います。

インドを嫌いにはなってないですが次行くときはちゃんと調べてから行こうと思いました。

 

絶対に英語上手くなってリベンジします。

みなさんも気をつけてください!!!

 

f:id:mygwkig:20161214115507j:plain

 

 

 

 

インド旅③バラナシ

こんにちは!!

今回はバラナシ編です!

インドの中でも有数のクレイジーさを誇る。

基本綺麗好きの人は行かない方がいいですw

生と死が入り混じるこの街では、多くのことを学びました。

バラナシ

アーグラからバラナシへは電車で約13時間。バラナシには駅が3つあってそのどこかには止まります。僕は行きはムガル・サライ駅、帰りはマンドゥアリ?駅を利用しました。電車内はこんな感じ。

f:id:mygwkig:20161209002509j:plain

席が隣になった5人家族がいて英語が通じなかったけど子供達とめっちゃ仲良くなりました!特にスプーン曲げを見せた時には口を開けたままで驚いていましたw

この辺です!

 

ガンジス川のすぐ横にあります!

バラナシはヒンドゥー教の大聖地で、世界中から人が集まります。神聖なガンジス川で体を流し、身を清めます。約80ヶ所近くあるガート(段差になっておりれるところ)と火葬場があります。

 

駅から移動

電車を降りた途端にリキシャに乗らないかと声をかけられました。

安く市内に行ってくれるというので、ついていったらぼったくり。まあ慣れましたよ。

f:id:mygwkig:20161211003439j:plain

この黄色いのがオートリキシャ。外国人料金が高い

街までは結構あったので仕方なく乗ることに。

さすがクレイジーな街!牛の数が違うw

f:id:mygwkig:20161211002740j:plain

f:id:mygwkig:20161211002829j:plain

東南アジアまでは野良犬ばっかりいましたが、インドはです。

道路のど真ん中に牛が寝ていると、ケツを蹴り飛ばしてどかします。

細道は結構なスピードで歩いてくるのでぶつからないように。

右見ても左見ても牛ばっかり。ゴミの量も多い。匂いもする。

f:id:mygwkig:20161209004605j:plain

道のあらゆるところにゴミが捨ててあって、それを牛が食べる。

牛の糞とゴミが混ざって半端ない。

牛糞を踏まない日はありませんでした。

f:id:mygwkig:20161209004701j:plain

インド人は平気でゴミを捨てていきます

f:id:mygwkig:20161211003144j:plain

ヒンドゥー教では牛は神様の乗り物なので食べることができないです。

ちなみに神様がマリファナを吸っているのでインドでは合法ですw

思ったこと

いやーバラナシは想像していたよりすごかったです。人の数もそうだし、道のクサさ、細道、、、

聖地なだけあります。

説明しづらい感じです。

でも、朝のガンジス川は綺麗でした。

f:id:mygwkig:20161209005845j:plain

川沿いには火葬場があり、そこで焼かれた死体をガンジス川に流します。生活廃水も流します。そこで体を洗うことによって輪廻転生を願うんです。これがヒンドゥー教の教えです。

実際入ったら病気になるくらい汚いです。

f:id:mygwkig:20161209005850j:plain

朝のガートは人がすごいです。

f:id:mygwkig:20161209010053j:plain

迷路みたいな細道。

バラナシで泊まった場所は、2日間は激安の宿で部屋の鍵もなく窓は開けっ放し。しかも夜にはヤモリが大量発生するというヤバイところでした。ですが1階がカフェになっていたのと屋上からの景色がなかなか良かったのでいいでしょう!

スタッフが適当すぎて笑ったけどw

f:id:mygwkig:20161209010520j:plain

奥に見えるのがガンジス川

この通りは特に交通量が多かったので夜までずっと東南アジア特有のクラクションが鳴りっぱなし&牛のとおぼえでなかなか眠れませんでした。

牛の鳴き声はニュージーランドを思い出した。

 

基本的にインドにはコンビニはないしデパートもないので、屋台に置いてある水などを買うことになります。

f:id:mygwkig:20161209011417j:plain

一番大きい施設。中は真っ暗でヤンキーが溜まってる。

他には映画館などもありました。

なんかタイムスリップしてきたような感じでしたw

日本では考えられないことばかりです。

 

衛生的にどうなの?ってものも置いてありますw

僕が食べて美味しかった屋台はこれです

f:id:mygwkig:20161209011353j:plain

おっちゃんが素手でこねた小麦粉をあげたパンみたいなもの。

ピリ辛で美味しかったです。

 バラナシには4日間いましたがとてもいいところです。特にメインガート近くの通りは人も多く、いろんなものを売ってます!

f:id:mygwkig:20161211002354j:plain

少し奥に入っていくと旧市街で、民芸品やスパイスなどが買えます!

f:id:mygwkig:20161211002412j:plain

各ガートでは毎日朝と夜にプジャーと呼ばれる儀式を行います。

僕が行った時は雨季で、水位が上がっていたので残念ながらプジャーを見ることができませんでしたが、普段はこんな感じらしいです!

f:id:mygwkig:20161211001311j:plain

すごいですよね!

僕が行った時にはガンガーが氾濫して洪水になってましたw

f:id:mygwkig:20161211094140j:plain

 

 

1日目着いてから宿の周りを散策してたら日本人が経営するカフェを見つけたので、入ることにしました。

そしたら1人の日本人が勉強をしていて、大学生で、偶然にも同じ名前。詐欺に遭ったらしく、全く同じ状況でした。

泊まっている宿の食堂で詳しく話をしてると、日本人のオーナーの奥さんが話しかけてくれました。

とても優しくて、詐欺に遭ったことを相談してくれて、、、

その食堂でのバターチキンカレーはめっちゃおいしかったです!

f:id:mygwkig:20161211001923j:plain

初めはいろいろと散策してマリファナ中毒の人に絡まれたり変な店に連れて行かされたりして楽しかったですが4日もいるとさすがにやること無くなってきます。笑

バラナシの人はすごい話しかけてきます。

メインバザールを歩いてたら

「バザールデゴザール」

「チョット、ニホンジン、コッチコッチ」

「ハッパアルヨ、」

って感じでめっちゃ話しかけられます。笑

f:id:mygwkig:20161211001853j:plain

 

 

 

暇な時はガンジス川眺めながらぼーっとしてました。

 

よく考えたらバラナシってすごい深いです。

 

死んだ人の灰を川に流し、その川で体を洗う。輪廻転生を祈る。

生と死がめっちゃ近いんですよね。

金をくれって拝んでくる人や、ホームレスのように地面に寝ている人。

生まれつき身分が決まってしまうカースト制度のなごりで小さい子が働いていたり。

日本では考えられないことの連続で驚きもありましたが、日本人である僕らは本当に恵まれてるんだなって強く感じました。

 

いろんな人と話してみると日本に行きたい!っていうインド人がすごい多かったです!

 

再会

そしてバラナシでは小学校以来の友達と偶然にも再会することができました!

Twitterでインドにいることを知って、連絡したら偶然バラナシにいるということで会いに行きましたw

f:id:mygwkig:20161211004421j:plain

一緒に散策して日本料理を食べて、めっちゃ楽しかったです!

f:id:mygwkig:20161211004719j:plain

途中、日本語がペラペラのインド人大学生に日本語でガイドをさせてくれと言われ、色々と紹介してもらいました!

f:id:mygwkig:20161211004718j:plain

インド式ヘナ。手の表は女性がつけるのでお前はゲイか!って笑われました。

f:id:mygwkig:20161211004932j:plain

お土産も買えて、いいとこも教えてくれて、いい人だなって思ってました。

ですが次の日に僕がたまたま話しをした大学生にこの写真を見せたら、こいつは有名な詐欺師だぞって言われてびっくりしました。

お金取られなくてよかったー

 

美味しかったもの

バラナシで一番美味しかったものはターリーというカレーのセットです!

3種類くらいのカレーとおかずがあってチャパティおかわり無料でした。

f:id:mygwkig:20161211091802j:plain

f:id:mygwkig:20161211091806j:plain

旧市街近くにあるこのレストランはめっちゃ美味しかったです!

あれで500円しなかった。

けど次の日お腹を壊しました。。

インドの洗礼とも言われていて、行く前にタイでヨーグルトいっぱい食べたのですがダメでしたw

お腹が結構強い方ですがこうなるので薬は必ず持って行きましょう!

それとインドのトイレには紙が置いてないです!

バケツに水が溜まっているのでその水で流します。

無理な人はトイレットペーパー持っていくべきです!!

 

 

 

まとめ

今までの旅の中でインドが強烈すぎて東南アジアが小さく見えてきました。

インドに行って変わったのは、

  • やりたいことがあってもできない人がたくさんいるのに自分はこうやって旅をしていることに、恵まれてると思ったこと。
  • もっと自分の知らない世界でいろんな生活をしてみたいって思った。
  • 今までの常識や価値観が全く通用しない国で生活して、今まで自分が生きてきた世界がいかに小さかったのかがわかった。

本当に世界観が変わりました。

生きるってどういうことなのか。

普段は不真面目なインド人ですが、大切なことを僕に教えてくれたと思います。

まぁ、興味がある人はとにかく行ってみてください!

行けばわかります!!!

f:id:mygwkig:20161211093725j:plain

 

今日の一曲 


Inner Circle - Games People Play

 レゲエいいですよね〜

 

 

次回もお楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

インド旅②アーグラ

こんにちは!

今日はアーグラ編です。

 

インド1日目にしてアーグラに到着し、2日目は街を散策しました。

 

アーグラ

ニューデリーから東に500キロ

かの有名なタージマハルがある街です!

最寄駅はアグラフォール駅。

 

まず最初はやっぱりタージマハルっしょ

ってことで宿から歩いて向かいました。

 タージマハルのチケットは近くのシルプグラムってところで買います!

確か外国人1000ルピーくらいだったような

f:id:mygwkig:20161204113315j:plain

カンボジアアンコールワットの時もそうだったけど近くにチケット売り場があってそこに行かないと入れないんですよね。

あと外国人だと国民の5倍くらい高い。

世界遺産あるある?

 

シルプグラムからは10分に1回くらいタージマハルまでバスがあります!

普通に歩いていける距離ですが。

 

入り口の荷物検査は結構厳しく、物によっては没収される場合があるので要注意!

入ってからものすごく声をかけられます。写真はどうだ?ガイドしようか?などなど

f:id:mygwkig:20161204113506j:plain

めっちゃついてくるけど気にせず歩きましょう。

少し歩いていくと入り口が見えてきます!

f:id:mygwkig:20161204113702j:plain

 この先をいくと、、、、

 

f:id:mygwkig:20161204113834j:plain

じゃーん!!!

これが世界遺産タージマハルです!!!

観光客がすごいいました。

日本人もいましたね。

 

少しタージマハルの説明をします!

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設したお墓です。

全て大理石でできていて世界一美しいお墓として世界遺産に登録されています!

 

いやあ、迫力がありました。

とにかく綺麗でした。

風化が激しいので工事していましたが、立派です!

f:id:mygwkig:20161204115843j:plain

大理石なので靴カバー強制です。

f:id:mygwkig:20161204115851j:plain

f:id:mygwkig:20161204115857j:plain

f:id:mygwkig:20161204115900j:plain

f:id:mygwkig:20161204115903j:plain

f:id:mygwkig:20161204120226j:plain

f:id:mygwkig:20161204120430j:plain

ナマステ〜。

 

朝は人が少なめでしたが昼頃になるとめちゃめちゃ混みます。

日の出からあいているので早めの方がいいです。

 

結局2時間くらいいました。

ここは来るべきですよ!!

 

そして、外に出てから遅めの朝食。

f:id:mygwkig:20161204121035j:plain

宿の人のおすすめでここに行きました!

インドに行くと必ずお腹を壊すと聞いていたのでなるべくいい感じのところに。

朝食セットを頼んだらカレーが出てきましたw

インドにはカレーっていうメニューがあんまりないです。

言わなくても出てくるっていう。

 

ここのカレーはめっちゃスパイシーでした。

いや、もはやスパイス食ってるような感じでしたw

辛!!って思わず言ったら店員のおっさんが

「辛いゆうたやん」って言い返してきました。

日本語ペラペラでしたw

まあ美味しかったです!

 

ラジさんとの出会い

その後商店街をウロウロしているといきなりどこかから聞き慣れたフレーズが。

「おーい、フージコチャーン!」

ん?誰だ?って振り返ると髭を生やした仙人みたいなおじいちゃんが。

「ゲッツ!!!」

いや古いよと思いながらも話してみるとどうやら日本人を捕まえてアーグラを案内してるらしい。

名前はラジさん

普段はボロボロの宝石屋をしてるけど、暇で日本が好きだから話しかけてるんだとさ。

そしたらノートを見せてくれて、そこにはたくさんの日本人のメッセージが書かれていました。

「今一番流行ってるギャグを教えてくれ」

いきなり言われましたがよく見るとノートには数々のギャグが。。

(一番新しいページには斉藤さんだぞ。って書いてありました)

教えてくれたら安く街をリキシャで案内してくれるということなので教えました。

「今は小島よしおがアツいよ」

「コジマヨシオ?」

「そう。日本で知らないヤツはいないさ」

「本当か!教えてくれぇぇ」

「行くぞ、」

「ハイ、オッパッピー。」

「ハイオパピ」

「ハイ、オッパッピー」

「ハイオパピ」・・・

いやーまじ爆笑しましたw

 これがその時の動画です。

ラジさん「どういう意味なの?」

おれ「Ocean Pacific Peaceさ」

ラジさん「なるほど」

ということでアーグラを案内させてもらえることになりました。笑

アーグラ城

リス使いのおっちゃん

f:id:mygwkig:20161204130608j:plain

 めっちゃ子供たちに絡まれた 。

 

いろいろ巡って帰ってきてからノートにコメント。

そして最後に宝石買っていかないかと言われ、ちょっと見てみることに。

自分へのお土産に買いました!

3000円くらいだったかな

ダークブルーストーンっていう石らしいんだけど

光をあてるとすごいです。

ラジさん曰くとてつもないパワーがあって、ラッキーになるって。

f:id:mygwkig:20161204131139j:plain

通常時

f:id:mygwkig:20161204131142j:plain

なんかかっこいい

 

ということで、また来ますとラジさんに挨拶して別れを告げました。

結構いい人だったなー

インドって意外と日本語で話しかけてくる人が多くて、怪しいですが、この人はいい人でした。

 

アーグラには1日だけいる予定だったので、宿に戻りました。

宿に戻ってバラナシ行きの電車のチケットを確認していると、

宿のお兄さんが、いくらでチケットを買ったのかを聞いてきました。

僕が正直に話すと、嘘だろ!?って感じで問い詰められ、それは詐欺だってことを教えてくれました。

この時詐欺であることを知ったので、本当に落ち込みました。

けど宿のお兄さんが対応して念のため大使館に連絡をしたのと、騙された分は戻るってくると言われたので夜の電車に乗ってバラナシへと向かいました。

f:id:mygwkig:20161205001853j:plain

そんなこんなでアーグラ編でした。

次回はバラナシ!

ガンジス川のほとりでいろんな出会いがありました。

 

 

今日の一曲

今日はこれ!!!


Mr.Children - シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~ - ap bank fes 12 LIVE

最高!!!

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

インド旅①

こんにちは!

今回はインド編です。

 

インドは衝撃的なところでした。

行ったら世界観が変わるとよく言われますが、本当にそうだったと思います!

 

インド

f:id:mygwkig:20161130130110p:plain

南アジアで一番大きい面積世界第2位の人口を誇る。首都はニューデリー

言語はヒンディー語だが1947年までイギリスの植民地だったので都市部や観光地では英語が通じる。ヒンドゥー教徒が多く、カースト制度による身分差別は禁止されている。

通貨はルピー。1ルピー約1.5円。物価は安い。北インドは南インドよりも暑く、5月は45℃を超える。南インドの方が治安が良く富裕層が多く住んでいる。

 

なんでインド??

僕がインドに行った理由は、東南アジアを1か月まわって行って、時間が余ったのと、少しインドに興味があったからです。本場のカレーを食べたかったってのもあります!

人生観が変わると言われてるくらいなので冒険心で行きました!

 

とにかく人が多い!

タイから飛行機でインディラ・ガンディー空港に到着しました。

f:id:mygwkig:20161130132627j:plain

僕はインドのビザを取っていなかったのでアライバルビザを取ることになりました!

いろいろ書類を書いて、両手の指紋を採って終わり。空港のおっちゃんがインド人!って感じで明るくて面白かったです!

インドの空港意外に綺麗だなって思ってそのまま地下鉄でニューデリーへ。

インドでの日程は一週間あって、基本的に電車で移動する予定で、インドの電車はかなり遅れるとベトナムで会ったおっさんに言われたので遠くから行くことにしました!

そのために切符を買おうと駅へ。

f:id:mygwkig:20161130133153j:plain

着きましたが、、、

人が多すぎる!!!

切符売り場は長蛇の列。しかもどんどん抜かされてく。

この時ふと周りに自分以外の外国人がいないことに気づきました。

周りからの視線が半端ない。。。

と思ったら上の階に外国人用窓口がありました。笑

誰か教えてくれよーって思いながら中に入り、

おれ「今日アーグラまで行きたいんだけど」

おっさん「いやしらねーし」

おれ「マジかよふざけんな」

って感じで何も教えてくれませんでした。笑

どうやらその日の電車がなかった?ようです。

僕はその日のうちにアーグラに行きたかったんです。

(アーグラはタージマハルがあるところ)

インドの下調べを全くせずにノリでやってきたので早速ピンチに。

とりあえず街を歩いて旅行会社を探すことにしました。

f:id:mygwkig:20161130134422j:plain

インドだーーーーーーーーーー

おー!野良牛だーーー!

駅の近くにはメインバザールっていう商店街があります!

インドの首都ニューデリーで一番栄えてるところです!

さすが、結構汚いっすね。笑

まあ歩いてたら声めっちゃかけられました。こっち来い店見てけって。

まあ首都っていうほどでもないと思います。都会に行きたかったらムンバイっすね。

 

メインバザールを歩いていると、1人のガタイのいい男に話しかけられました。

「これからどこにいくんだ?政府がやっている旅行会社があるからこい。おれには日本の友達もいる。」

結構強面なのでビビったけど旅行会社探してたしついて行くことにしました。

 

f:id:mygwkig:20161202001110j:plain

これが後々悲劇をもたらすことを知らずに、、、

 

 

ついた場所は道の外れにある薄暗いオフィス。

中には5、6人の男がいました。

1人の代表っぽい男が鉄道のチケットを取ってやると僕に話してきました。

僕の予定では、

ニューデリー→アーグラ→バラナシ→ジャイプール→デリー

で、早めにガンジス川のある遠くのバラナシへ行きたいと思ってました。

なのでその旨を伝えると、

合計金額を提示してきました!

インドの鉄道はシートにランクがあり、それに応じて金額も違います。

合計金額で、

いいクラスだと35000ルピー

普通は29000ルピー

1番低いと25000ルピー

1.5倍すると日本円です。

どうみても高い。

高いから無理って最初は言いました。

けど1番低いクラスだと寝てる間に何されるかわからないよ?って言われて、、

他に旅行会社探すの面倒だし、

日も暮れてきたので、、

真ん中のやつを買っちゃいました。

とりあえずその日中に車でアーグラまで送ってくれるというので、いいかなと思ったんです。

 

結果的にこれは詐欺だったんですけどね。

 

まあこの旅行会社と僕との戦いはまた書こうと思います!

 

その日はタクシーのおっちゃんとアーグラまで行きました!

デリーからアーグラは約500キロ

6時間くらいかけて着いたのは夜1時くらい。

インドの高速はめちゃくちゃでした。

灯りがないし道路のど真ん中で牛が寝てるし道はガタガタで逆走してくる車めっちゃいるし。

しかもおっちゃん超飛ばすからまじで死ぬんじゃないかって思いました。笑

寝てていいよって言われたけど寝れんわ!!!

 

予約していた宿についてとりあえず寝ました。。

初日からバタバタですがインドってすげえって。

  • まず観光客が少ない。
  • 独特の雰囲気がある
  • みんな陽気で面白い!

ここからの旅が楽しみでした!

次回はアーグラ編です。

 

タージマハルにガンジス川。そしてカレー。

いっぱい写真撮りましたが目で見て肌で感じないとわからないこともあります。

旅の場合ほとんどそうです。

行ってみて気づくこと、意外だったこと、感動すること。

たくさんあります!

だからおもしろいんですよね!

 

 

 

 

今日の一曲


Florida Georgia Line - H.O.L.Y.

友人のおすすめで知った曲。

いい歌です!!

 

次回もお楽しみに!

東南アジア一人旅⑦タイ

みなさんこんにちは!

2016年も残りわずかです。

次の春休みは2か月で南米一周してきます!

世界で一番の自然があるので、肌で感じてきます!!!

そのために今必死でバイトしてます

本当は学校に行かなきゃいけませんが、こんなことできるのは今だけです。

みなさんも目標持っていきましょうよ!!!

 

今回はタイについて書きます!

タイ

f:id:mygwkig:20161118103614p:plain

 

本名はタイ王国。人口約6700万人。日本との時差はマイナス2時間。首都はバンコクで、通貨はバーツ。1バーツ約3円。物価が安いと日本では有名だが、最近徐々に経済成長をしている。

 

カンボジアからタイへ

カンボジアからタイへは国際バスでいきます!

2000円くらいでした。

実は僕がタイに行く前日に、タイの観光地を狙った連続爆破テロが起きました。

なぜテロが起こったのかというと、その日はタイ王妃の誕生日で、国を混乱させるためだと言われてます。

www.news24.jp

このテロ事件はバスのチケットを買った後に知り、結構ビビったんですがその前の日にお金を全部取られてたので、もうなんとでもなれ!って気持ちで行きました。笑

 

 

f:id:mygwkig:20161118132714j:plain

カンボジアの国境 

 3時間くらいかけてカンボジア〜タイ間の国境に到着。

バスは比較的過ごしやすく軽食も出ました。

国際バスって軽食と水が必ずと言っていいほど出るんですよね!

 

そしてタイの入国審査では荷物検査がありませんでした。

だからテロ起きるんだよーーー

 

そして4時間くらいでバンコクに到着。

念願のタイです!

f:id:mygwkig:20161118134420j:plain

 着いたのは夜ですが街中はイルミネーションで凄かったです。

あと警察の量が凄かった。

特に観光客が集まるところは厳重に警備されてました。

 

f:id:mygwkig:20161118134750j:plain

 世界の旅人が集まるカオサンロード。

すごいっす。なんでも安い!意外とセブンとかマックもありましたがそれ以上に屋台がいっぱいあって楽しかったです!

 

f:id:mygwkig:20161118135535j:plain

90円のフルーツジュース!超美味しかった!!!

f:id:mygwkig:20161118135538j:plain

カオマンガイ!200円くらい!めっちゃうまい!!

f:id:mygwkig:20161118135541j:plain

 セブンのジュース。50円〜で最高だった!

 

タイは思ってたより最高でした。

安いし美味いし安全!

カオサンロードはマジでいくべきです!

あとタイは夜の◯◯が◯◯なので男旅に最適です!笑

 

 

アユタヤ

タイ二日目。どこに行こうか迷いましたがゾウに乗りたい欲が凄かったのでアユタヤに行くことにしました。

バンコク駅から電車で約2時間。特急に乗れば1時間くらいですが値段が高めです。

 f:id:mygwkig:20161118140448j:plain

f:id:mygwkig:20161118140445j:plain

バンコク

f:id:mygwkig:20161118140452j:plain

 アユタヤ駅

 

駅からアユタヤ遺跡まではバイクタクシーで行ったほうがいいです!

僕は30分歩きましたが、、、

 

f:id:mygwkig:20161118141422j:plain

 結構迫力のある遺跡でした!

f:id:mygwkig:20161118141426j:plain

 エレファントキャンプ

f:id:mygwkig:20161118141430j:plain

乗る前にゾウと写真を撮ってもらえます!

f:id:mygwkig:20161122161731j:plain

f:id:mygwkig:20161118141433j:plain

おとなしくていいゾウ。

 

 アユタヤは比較的市内から近いので余裕で日帰りできます!

本当は有名な観光地をたくさん回りたかったのですが、お金がないので断念。

でもタイはめっちゃいいところでした!!

 f:id:mygwkig:20161122161842j:plain

天気も良かった!

f:id:mygwkig:20161122161839j:plain

警察のバイクかっこいい

f:id:mygwkig:20161122161835j:plain

ワットポー。こいつはでかかった

f:id:mygwkig:20161122161844j:plain

いい出会いに乾杯!

 

本当にタイは充実してました。次行くときはムエタイ見てビーチ行って離島行きます!

 

カオサンロード

一人旅で来るのならカオサンロード周辺に泊まるべきです。

なぜなら雰囲気がいいカフェに、値切りまくれるお土産屋ゲテモノ屋台旅行会社と、ここに行けばなんでも揃うんじゃないかってくらい充実してます!

僕は値切ってキャップを600円、普通のメーカーの海パンを1000円で買いました。笑

特に週末は人も多くて賑やかです。

僕はちょうどお盆だったのですごい人でした。。。

特にバンコクは東南アジアの玄関口となっているので、ここから各国行きのバスがたくさん出ています!

 空港もバンコクは二つあるのでいろんなところに行けます!

 

まとめ

タイは思っていたよりも楽しくて安くてよかったです!

現地の人も優しくてカンボジアの事件を忘れさせてくれました。

旅をしているといろんなことがあります。

出会いがあり、別れがあり、発見があり、驚きがあり、、

トラブルだってもちろんあります。

向こうで起きるすべてのことを含めて旅なんです。

だから全部受け止めなきゃいけないんだよなってこの微笑みの国にいて気付きました。

まあまだ終わってなかったんですけどね。

タイからインドへ飛ぶ予定だったので、とにかく体調を整えてました。笑

 

NZに留学した時の友達には会えませんでしたがまた絶対来ます!

みなさんもぜひタイへ!!!

 

今日の一曲

今日はbanvoxのWatch Meです。

若くしてULTRAに出た天才DJです!


banvox - Watch Me (Audio) [Google Android TV Commercial Music]

 

 

 次回はついにインドへ。

お楽しみに!!! 

 

 

 

 

 

カンボジアで睡眠薬強盗に遭った話

こんにちは!

今回はカンボジアシェムリアップで僕が遭遇した、睡眠薬強盗について詳しく書きたいと思います。

 

f:id:mygwkig:20161117004805j:plain

 

カンボジア2日目。アンコール遺跡を見学して感激をした僕は宿に戻ってから街にあるパブストリートに向かいました!

 

前回のカンボジア編で紹介したパブストリートですが、1ドルのフルーツジュースやゲテモノなど、たくさんの屋台とレストラン、バー、ナイトクラブがあります!

 

f:id:mygwkig:20161117005057j:plain

カエル

f:id:mygwkig:20161117005054j:plain

ヘビ。意外といけました。

f:id:mygwkig:20161117005101j:plain

クモ

f:id:mygwkig:20161117005105j:plain

 サソリ。食べる気にならない

 

 

規模は小さいですが夜になると観光客で溢れていました。

そこで僕は、こんなところもう来ないだろうと思ってお土産を買いました。

 

その時いろんなお店の人に美味しいご飯やいいレストランを聞いて、クメール料理のアモックを食べることにしました!

 

僕が行こうとしていたレストランはとても有名で、割高ですが美味しかったです。

f:id:mygwkig:20161114185301p:image

このKhmer kitchen っていうところです!

雰囲気もよく、いい感じだったので入ろうとした時、犯人のおっさんに話しかけられました。

自称トルコ人で年齢は50歳くらい。見た目は小太りで、めっちゃフレンドリーでした。

店の前でしばらく話をしました。

もちろん英語で!

 

どこから来たのか、何をしたのか、何が好きで何が嫌いか。などなど。

 

知らない人と話すことが嫌いではない僕にとってはとても楽しくて、しかも気が合う、フレンドリーな優しいおっちゃんだったので、一緒にご飯を食べることにしました。

 

僕がアモックを食べ、おっさんはビールを飲み、他愛もないくだらない話や、今の世の中に対する考え方、一人旅って最高だよなって話をして盛り上がってました。

 

この時は本当に何も気づかなくて、

おもしろいおっちゃんに会った!一緒に写真撮ってサヨナラしよう。

って思ってました。

 

だってイスラム教徒なのにビールガンガン飲むし、家族なんていらねえって言って自由な生活してたもんですから。笑

 

トルコではサラリーマンらしいっす。

 

2時間くらい経って、おっさんが次の店に行こうと言い始めました。ここの店はビールが高いから安いところに行こうと。

全部奢ってやるからって言われて、まあ少しならいいと思ってついて行きました。

いい感じのバーについてビールを飲み、おっさんが女の子をナンパし始めました。

相当な女好きで、世界各地で遊んで来てるっぽいっす。

お前もどうだ?って言われたけど、

「I must keep trust of my girlfriend 」

っていう覚えたての臭いセリフを言ってごまかしました。笑

 

しばらくおっさんと飲んでいて、酔いも回ってきたのでトイレに行きました。

 

戻ったらおっさんがスープを頼んでいてくれて、これでも飲んで酔いを覚ましなって言ってくれました。

優しいじゃ〜んってスープを一口

意外と美味しくて全部食べました。

 

するとしばらくしてから急に眠くなってテーブルにを打ち付けました。

あれ?普段はあんまり眠くならないのになんでだろう。

 

と思いながらぼーっとしてたらもう一度眠くなり、、、

 

 

 

 

 

 

気づいたら宿の前、トゥクトゥクに乗っている自分。

なんで自分がここにいるのかもわからない。

なんか夢を見ていたような感じ。

手元にはお土産とショルダーバッグ。運転手にお金を払わなきゃって財布を見たら、

 

お金がない。。。。

 

カード類以外すべてなくなってしまいました。

トゥクトゥクの運転手はお金はいいと言って帰ってしまい、

わけもわからずパニック状態のまま部屋に戻り、眠さが続いていたので寝ました。

 

 

次の日、起きてから手持ちのお金がゼロという現実を打ち付けられ、ひとまず宿の人に事情を説明しました。

そこで初めて睡眠薬を飲まされたことを知りました。

こういった犯罪はよくあるらしく、ツーリストポリスに行ってもあまり意味がないらしいです。

なぜならカンボジアの警察はお金を出さなきゃ動かないんです。

発展途上国の地方ではよくある話です。

しかも僕は現金を盗まれたので証拠がないです。

 

カードを盗まれなかったのは足がつくからでしょう。

現金だけを盗んで僕をトゥクトゥクに乗せ、宿まで送り、探されないようにした。

完璧な手段で見事にやられました。

約7万円と200ドル。

それを知った時、僕は悔しくて仕方ありませんでした。

 

この日の午前中までぼーっとした状態が続いていて、なんか不思議な感じでした。

 

とりあえずクレジットカードでお金を少しキャッシングして、親に連絡。

今後の日程をどうしようか悩んでいましたが、ここまで来たんだから行くしかないということで旅を続けることにしました。

 

 

今こうやって話をすると笑い話になりますが、もし犯人のおっさんがもっと悪い人だったら、僕はこの世にいませんね。

トルコ人でイスラム教だったので。

取られたのがお金だけでよかったです。

 

僕がこの犯罪に巻き込まれた原因は、

  • 一人で行動していたこと
  • 少し英語が話せたこと
  • 宿の部屋に鍵がなかったので全てのお金を持っていたこと
  • お酒を飲んで気が緩んでしまったこと

だと思います。

 

お金はあまり持っていくべきではありませんね。

 

これから海外に一人で行く人。本当に気をつけて下さい。

基本的に話しかけてくる人は悪いやつです。

安全に楽しく旅をするためにも、防犯は重要です!

 

平和ボケしてる日本ではありえない話ですが、後になればいい経験でした。

みなさんも気をつけて下さい!!!

 

 

今日の一曲

www.youtube.com

Chris Brown の Don't Wake Me Up です!

 

 

では!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

東南アジア一人旅⑥カンボジア

どーも!

もう11月です。寒くなってきましたね。一年あっという間です。

今回はカンボジア編です〜

 

カンボジア

f:id:mygwkig:20161104112958p:plain

本名はカンボジア王国。日本との時差はマイナス2時間。通貨はリエルだけど基本的に米ドルが使える。4000リエル1ドル。内戦があり、今でも地雷が埋まってるところがある。言語はクメール語アンコールワットなどの遺跡群が世界遺産に登録されている。比較的東南アジアでは貧困の国。日本などの多くの先進国がボランティア活動に参入している。首都はプノンペン

 

みどころ

カンボジアは何と言ってもアンコール遺跡群が有名で、圧巻でした。

僕はベトナムホーチミンからバスに乗り、プノンペンを経由して遺跡があるシェムリアップと向かいました。

国境を陸で越えるのも慣れたもので、余裕です。

カンボジア国内に入ってからまず思ったことは、一瞬にしてベトナムのような風景から変わっていくことに驚きました。みるみるうちに地面の色が赤土に変わっていって、周りは草原だらけ道には何もなく、たまに家があるだけ。その家の近くで赤土の上を裸足で元気に走り回ってる子供たち。見るからにやせ細っていて、ただこっちを見つめる人たち。

全然違うんだなって思いました。ただ、生まれた国が違うだけで、こんなにも変わるのかと。僕らは恵まれてるんだって実感させられました。こういうことって行かなきゃわかんないんだよなって思いながら窓の外を眺めていたら、、、

ガタン!っていきなり音がなって、バスが止まって傾き始めました。

最初は何が起こったかわかりませんでしたが、バスが脱輪してました。笑

しかも周りは何もない草原。こりゃやばいなって思いながらも待つこと1時間

運転手の努力も実らず、同じバス会社のバスが来て乗り換えてくれという指示が出ました。

まあこんなことあるだろうと思っていたので平気でした。

乗り換えたバスはめっちゃいいバスで、WiFiが付いているという高機能。

なんか得した気分になりました。笑

そして、なんだかんだ10時間くらいかけてシェムリアップに到着。

初めて乗るトゥクトゥクに感動しながら、宿まで連れて行ってもらいました。

 

アンコールワット

f:id:mygwkig:20161104134405j:plain

さて、カンボジアといえばアンコールワットです。

この遺跡、マジですごいです。本当に、誰が作ったんだよってくらいです。

大きさは遺跡群全体で名古屋市と同じぐらいの大きさだとか。

一日では回りきれないと思います。

僕は前の日に宿まで連れて行ってくれたトゥクトゥクのおっさんにお願いして、一日貸切してもらうことにしました!2500円くらい!

いろんなところに連れてってくれて楽しかったです!

朝5時からアンコールワットに行き、日の出を見ました!

写真ではあんまだけどめっちゃ綺麗でした!

 

f:id:mygwkig:20161104141227j:plain

 

f:id:mygwkig:20161104141232j:plain

 まあ人が凄かったです。別の場所でチケットを買うので一番前で写真を撮りたいって人はもっと早く行くべきです。。

 

ここからは説明しづらいので写真で!

アンコール遺跡はこういう風になってます。

f:id:mygwkig:20161104141907j:plain

まずはアンコールワット

f:id:mygwkig:20161104142347j:plain

 

 

 

f:id:mygwkig:20161104142414j:plain

f:id:mygwkig:20161104142418j:plain

f:id:mygwkig:20161104142420j:plain

f:id:mygwkig:20161104142427j:plain

f:id:mygwkig:20161104142424j:plain

f:id:mygwkig:20161104142606j:plain

f:id:mygwkig:20161104142556j:plain

f:id:mygwkig:20161104142558j:plain

f:id:mygwkig:20161104142604j:plain

f:id:mygwkig:20161104142944j:plain

 なんか違う世界にきたのかと思うぐらいでした。すごすぎて2時間はいました。

約1000年前にこれを作って、今もあるってことがすごいですよね。

 

そして、アンコールワットの次に行ったのがアンコールトム

ここも凄かったけどアンコールワットがすごくて実際あんまり響かなかった!笑

 

f:id:mygwkig:20161104144655j:plain

トゥクトゥク

f:id:mygwkig:20161104144716j:plain

これが入り口

f:id:mygwkig:20161104144724j:plain

アンコールトム

f:id:mygwkig:20161104144719j:plain

f:id:mygwkig:20161104144727j:plain

f:id:mygwkig:20161104144734j:plain

顔がいっぱい

f:id:mygwkig:20161104144730j:plain

 まあこんな感じ。

あとは、

f:id:mygwkig:20161104145255j:plain

f:id:mygwkig:20161104145258j:plain

f:id:mygwkig:20161104145302j:plain

f:id:mygwkig:20161104145306j:plain

f:id:mygwkig:20161104145304j:plain

f:id:mygwkig:20161104145309j:plain

こういうのばっかりでした!

午後、時間が余ったのでどうするかおっちゃんに言われて、もう一度アンコールワットに行きました。笑

f:id:mygwkig:20161104145826j:plain

f:id:mygwkig:20161104145830j:plain

ここでぼーっとしてました。

 

ここは絶対に行くべきです。行かなきゃわかんないです。

本当は、ベンメリア遺跡プレアビヒアに行きたかったのですが、また今度にします。

 

そしてトゥクトゥクのおっちゃんと別れ、シェムリアップの街を散策しました!

f:id:mygwkig:20161104150249j:plain

ありがとう!!!

 

 

 シェムリアップ市内

シェムリアップパブストリートという通りがあり、そこを中心に屋台やお店が並んでいて、バーナイトクラブもあります。

 

f:id:mygwkig:20161109183344j:plain

f:id:mygwkig:20161109183759j:plain

夜はこんな感じ

 

ここで僕はクメール料理のアモックを食べました。

グリーンカレーみたいで美味しかったです!

f:id:mygwkig:20161109183659j:plain

他にも1ドルのフルーツジュースゲテモノの屋台もありました!

あとカンボジアビールがめっちゃ安いです!

ジョッキ1杯50セント!安いです!

 

シェムリアップは治安が心配ですが、何もしなければ夜出歩いても大丈夫です。

やけに野良犬が凶暴で1回追っかけられたくらい。。

 

カンボジアはスカーフやクメール文化のお土産がたくさんあります!

ですが、タイからの輸入品もあるので、気をつけましょう。タイで買ったほうが安いです。

基本的に外国人はお金持ってると思われるので、ぼったくりは日常茶飯事です。。。

 

 

 

 

僕はカンボジア2日目の夜、睡眠薬強盗に遭いました。

 

ここで、1回手持ちのお金を全部取られました。

 

この事件については次回書きます!

 

お楽しみに!!

 

今日の一曲

今回も洋楽でいきます!

www.youtube.com

 Taio CruzのHangoverです。

Hangoverは二日酔いって意味です。笑

いろんなことあるけどポジティブにいきましょう!

 

では!!!