It's my life.com

¡¡Madre Mía!!

All over the world

夢。

 

お久しぶりです。ケイゴです。実は6月の前半から日本にいます。2年間の海外生活を送る予定でしたが、色々あって帰国しました。今日で一区切りがついたので、この1年間をふり返りながら今思っていることを書きたいと思います。

 

僕のような変わり者の考え方が少しでも読んでくれているみなさんの人生にプラスになったらと思います。

 

 

 

f:id:mygwkig:20180722224810j:plain

よこはま

 

 

 

 

 

 

 

 

夢を見つけた。

 

みなさんは夢、ありますか?

 

プロ野球選手、社長、弁護士、寿司屋、レーサー、シェフ、パン屋、スーパーヒーロー、スシヤ、保育士、先生、、、などなど、小さい頃に思っていた将来なりたいこと、したいことっていうイメージがありますよね。

 

でもその夢って、夢のまま終わってしまうことが多いです。というか、だいたいの人がそうです。(だから夢っていうんだよね)

 

夢を叶えられている人って本当に一握りの人たちです。

天才、ものすごく運がいい人、頭のいい人、鬼のような努力家、、、、

 

でももし自分の職業が好きなことだったら、最高ですよね。

 

フィリピンで英語を勉強していた2ヶ月の間で、方向性を決めようと、自分の興味のあること、やりたいこと楽しいことワクワクすること、人のためになること、パッションを燃やせること、いろんなことを片っ端からノートに書いて、自分の性格と才能と可能性を考えて選択肢を絞ってました。

 

自分のやることを決めちゃったほうが、プランを立てやすいし、ビジョンもなく海外に来た自分が情けなかったからです。

 

いろんな職業を時間をかけて調べていく中で、1つだけかっこよくて夢のまた夢で自分には絶対になれないけど絶対に楽しいと思っていたものがノートの端っこに書いてありました。

 

 

 

 

f:id:mygwkig:20180722225616j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱぱぱ、パイロット?!?!?

 

 

いやぁまさか、またまた〜〜〜

 

も〜〜〜〜こんなおれがなれるわけ、、、、

 

えええええ

 

努力次第だと???

しかも目が悪い人でもなれるようになったのか。

プラス世界中すごい勢いで伸びている業界。2030年にはパイロット不足!?!?

 

旅が大好きで、体が健康で、ワクワクするし、すげえし、これはでかいことになるぞと。

 

てな感じで、頭さえ良ければ僕にとっては天職??ってくらいの職業でした。

 

そこで何かビビッときたんですよね。

 

心の底からくるワクワクというかそわそわというか、、、

 

いっちょやってみっか!てきな!

やる気さえあれば勉強はできるし、失敗したら違うことやりゃいいのさ。

 

という感じで、もっと真剣でしたが自分のやりたいこと、目標、そして夢を見つけることができました。

 

f:id:mygwkig:20180722231456j:plain

 

 

 

 

 

オーストラリアで貯金してカナダへ。

 

調べていくうちにどうやら海外で飛行機の免許が取れるらしく、カナダがオススメのこと。じゃあお金貯めてちょっと見に行くべ!

ってな感じで6ヶ月で200万貯めてカナダに渡りました。

 

死ぬほど頑張れたのもこの目標があったからです。

f:id:mygwkig:20180722233206j:image

 

 

 

 

 

 

 

すごい世界に来てしまった。

 

カナダについてフライトスクールに通い始めました。

はじめに思ったことが、高い。やっぱりなぁ

 

セスナの免許を取るだけで滞在費含め150万、1時間のレッスンで300ドル飛んで行きました。こりゃいくらあってもたりませんわ。

ちなみに日本で同じことをすると倍以上かかるらしい。

 

そして勉強。そんなに簡単な世界じゃないと知っていましたが、その想像を超え、英語はできて当たり前、航空英語、無線英語、インストラクターとのコミュニケーション。何冊もの分厚い教科書を毎日予習復習。プラス操縦技術。全てを1から学ぶとなると相当きついです。

 

中途半端な気持ちじゃダメだと、とんでもない世界に来てしまったなと痛感しました。

f:id:mygwkig:20180722231729j:plain

学ぶのはエンジンの構造から気象、ナビゲーションなどなど、大切なことばかり。

 

 

 

 

でも、初めて空を飛んだとき本当に楽しくて、すごくて、ずっと笑ってました。

あ、これがおれの好きなことなんだなと。

 

それから約2ヶ月間、飛行機漬けの毎日でした。

 

  

f:id:mygwkig:20180722225723j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

突然の帰国。

 

お金にもまだ余裕があり、次からソロで飛ぼうねってというところで、身体検査の結果が来ず、問い合わせたところ1ヶ月はかかると。そのタイミングで祖父の体調が良くないという連絡を聞き、帰ってもいいんじゃないかなって思い、その日に決断、帰国しました!

 

そして同時に日本でのチャンスを掴みに来たんです。

 

f:id:mygwkig:20180722233957j:image

 

 

 

 

 

 

甘くはなかった

 

 

とある入試試験を受けるため、たった1ヶ月半の勉強。高校2年生以来の物理、数学。英語は勉強する必要がないものの、1日10時間最低はやりました。

そして今日、試験でした。

結果は見なくてもわかります。惨敗です。

 

みんながなれるなんていう甘い世界ではありません。

 

当然です。

 

 

勉強、受験から逃げてきた人生。

 

正直緊張もしたし、準備不足なところもありました。

 

本当に悔しいです。

 

努力しても、たとえそれが自分の夢だったとしても、届かないものはあります。

 

ですがチャンスは誰にでもあります。

 

僕にもまだチャンスが残っています。

 

でもその分のリスクも背負わなければいけない。

 

覚悟を決めなければいけない。

 

帰国してから、通っていた大学を中退。

お酒、タバコ、ファーストフードを完全にやめて、いまはビーガンにでもなろうと思ってます。

 

この目標、夢のためだったらなんでもできます。

 

チャンスがある以上は、この夢を追いかけ続けたいと思います。

 

いや、チャンスがなくなったとしても自分で作ります。絶対に夢を叶えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていつか、以前、空を飛んでいた母親を、自分の操縦で空にもう一度連れて行く。

 

 

 

 

これが僕の夢であり、恩返しであり、親孝行です。

 

f:id:mygwkig:20180722231539j:plain

 

 

 

 

 

みなさんも夢、追いかけてみてください。

 

 

 

 

これから少しの間、念願のヨーロッパを旅して、来年の今日のために日本に戻ってきます。

 

 

 

Be different, Be positive and Take it easy!

 

 

ではまた、ヨーロッパ旅編でお会いしましょう!!!

 

では!!

 

 

 

6か月で200万。ワーホリでお金を貯めるコツ。

 

 

オーストラリアにワーホリで来て約6か月が経って、今週末には次の国へと向かう予定です。今日はこの6か月を振り返りながら、ワーホリでお金を貯めるコツと、楽しみ方を話していきたいと思います。

 

 

f:id:mygwkig:20180417165400j:plain

 

 

 

貯まりそうでたまらないお金。

 

ワーホリに来る前にいろいろ調べていましたが費用〜とか書いてあってまじで最初は不思議でした。なんで働きに行くのにお金が必要なのかと。

でも来てみて気づくんですよねその意味が。

VISA、宿代、飯、交通費、その他もろもろ。ほとんどノーマネーで来た僕にとって初めはまじできつかったです。

仕事を見つけられればある程度余裕はできますが、普通に生活していても消費していくばかりなので貯金はできないと思います。

特に旅行とかいろんなところ行きたい人にとっては正直無理です。

おそらく僕のように楽しむ気持ちを捨てて、お金だけを稼ぐためにどんなことでもしますって人じゃないとお金は貯まりません。

クレイジーだなって?全ては自分の目標のためです。

 

 

 

仕事の掛け持ち、4つ。

 

日本でもオーストラリアでもほとんどないですが僕は仕事の掛け持ちが好きです。僕がしていた仕事は、

  • ローカルのメキシカンレストランでシェフ(フルタイム)
  • ラーメン屋のキッチンハンド(パートタイム)
  • UberEatsのデリバリー(時間自由)
  • ホステルのハウスキーパー(週5日固定シフト)

という感じです。

 

フルタイムの仕事が夕方から深夜12時〜2時くらいまでだったので朝は暇でした。その空いている時間にハウスキーピングの仕事と、その後の2〜3時間でUber、オフの日はラーメン屋と、休みは1日も作りませんでした。

 

いくら稼いでたかって?計算してくれ!!!

 

 

 

 

1に体力、2に体力、3にコミュ力。

 

僕がこの週90時間のハードワークに耐えられたのも生まれ持った体力と精神力が源になっていると思います。

経験もない、資格もない、英語も完璧じゃない、けどお金を貯めたい若い人は体力を使って長時間働くしかないんですよね。最低賃金で。それはどこの国でも同じで、社会の厳しさを味わいました。

 

なのでがっつりお金を貯めたい人は来る3か月前くらいからジムで筋トレ、走り込みをしておくことをお勧めします。これは冗談じゃないです。体を壊したら元も子もないですからね。

 

コミュ力はあればあるだけ有利。友達もたくさんできます。

 

 

 

 

 

効率の良い働き方。

 

はっきり言って僕の生活は効率がいいとは言えませんでした。最低賃金で毎日ノンストップ。そりゃあキッチンで気絶しますわ。

 

もし僕がワーホリに来る前のやんちゃな大学生だとしたら、とにかく経験を作ります。何の経験かっていうと、海外でも有名な店、レストランでバイトをすること。

例えばマクドナルド、スターバックス、H&Mなんかはどこにでもあります。そういうところで働いてました!って言えば確実に仕事をゲットできます。どんな国でもっす。

僕の場合日本では寿司屋。英語を同時に学びたかったので寿司屋を回避。他に経験はなし。全くアドバンテージがないです。なのでこれを見ている人!グローバル企業ってのは可能性があるんだよ!!

 

 

続きましては労働時間です。同じ給料でも時間が少ない方がいいですよね。他の時間を好きに使えるので。

なのでもし僕がある程度英語できて、オーストラリアに来たばかりだったら、2つのフルタイムジョブを掛け持ちします。

早朝から昼の仕事と夕方から夜。おそらくこれだけで僕の給料は軽く超えます。月50万近くは余裕っす。もし今からスタートするのであれば、こういう働き方もなしではなかったなと思います。

 

 

 

フリーアコモデーションはでかい。

 

シティ中心のきったねえホステルでハウスキーパーをやってました。旅人にはよくある話ですが給料はゼロ。その代わりタダで泊まれるっていうおいしい仕事です。前々から気になっていたのでアプライしたら働かせてもらえることに。しかもフルタイムのレストランから徒歩1分。まじでラッキーでした。ゴキブリはいっぱいいたけどね!!

 

シティで部屋を借りるとなると、週120〜200ドルはかかります。仕事ばっかで家にほとんどいないのに、なんで部屋にお金を払わなきゃいけないの??って思いますよね。

 

その分ホステルだと電気も水道もWiFiもタダ。部屋はシェアでベッド1つだけもらえますが自分は慣れていたので十分でした。あざっすって感じ。ゴキブリいるけどね!!

 

しかもまたいいところが日本人がいねえ!!綺麗好きなんですかね。仕事仲間も多くて給料でないので気楽に働いてました。あんまり長期で滞在する人が少ないのでメンバーもすぐ入れ替わります。結果めちゃめちゃ友達できます。英語ぐんぐん伸びます。蚊も多いけどね!!

 

1つのベット以上の価値はあります。確実に。

 

そのおかげかわかりませんがまあ恋人もできましたと。。。

 

 

でけえ。って思った人はすぐにホステルにレジュメを配りに行くんだ!!!

 

 

 

キッチンで働け!!

 

日本ではあんまりありませんがこっちのレストランで働いてるとまじでなんでも食べ放題です。そのおかげでほとんどご飯買ってません。作ってすらないです。食費を浮かしたい人はぜひ。すぐ飽きますがね。。

 

でもバカみたいに忙しかったなあ〜〜〜

 

 

 

 

ワーホリ、結果的には成功だったのかなと

 

日本でお金を稼ぐよりはましかなと思って来てみたオーストラリア、パースでしたが本当にいい経験になりました。いろんなことがありすぎて、毎日が忙しかったっす。泣いた日も悩んだ日も死ぬほど笑った日もありました。次の国へ、自分の夢を実現するワクワクもありますが、離れたくないなって気持ちの方が今は強いっす。何回もこの状況を恨んできましたが Life goes on なんです。出会いがあれば別れもあると。わかってるんだけどなーーーー

 

機会があればまた戻ってきたいなと!

友達もいっぱいいるんでね。

 

東海岸にも行きたい!!

 

 

 

 

 

今後の予定。

 

さて、こっちの友達にはどこで何をするのか伝えてますがかなりでかいことをするつもりです。

 

まだ言いません、面白くないので。

場所は教えます。

 

来週からカナダに行きます。

 

旅もできたらいいなと思います!!!

 

 

 

ひとまず、ありがとうオーストラリア!また会う日まで!!

 

 

 

ではいい報告ができるように頑張りたいと思います!

 

 

 

ちゃお⭐︎

 

 

 

 

 

 

 

英語力アップ??オススメの海外YouTuber

 

みなさんお久しぶりでございます。

まだオーストラリアに滞在していますが残すところ2週間となりました。

今日は最近の僕の趣味というか、暇つぶしに見ているYoutubeについて書きたいと思います。

 

 

 

語学力アップ??

 

英語を勉強している人は気持ちがよくわかると思いますが話すことはできるけどリスニングがなかなか伸びない。何か言ってることが理解できればもっと楽なのに。って今でも思うくらいリスニングって難しいですよね。

 

そんな勉強中の1コマに僕は海外Youtuberの動画を見ることをお勧めします!

 

その理由は

①世界中の発音を聞ける

②無料

③ただただおもしろい

 

などなど。見てみればわかります!Youtubeは字幕機能もスピードを遅くする機能もあるのでまじでぴったりっす!

 

でも、どんな人が動画をあげてるのかわからない。。

 

そんな人のために今回は僕が好きな海外Youtuberを紹介します!!

 

 

Logan Paul

f:id:mygwkig:20180411171156j:plain

 

アメリカの人気Youtuber。とにかくやることがぶっ飛んでて見ていておもしろいです。お金を使いまくるとことか、考え方とか、若い世代のインフルエンサーって感じです!

 

今年の初めに日本を訪れた時に富士の樹海に行き、自殺した男性を動画にあげ、かなり問題になった人でもあります。ほぼ毎日配信中。

 

弟のJake Paulの動画もオススメ。

f:id:mygwkig:20180411171624j:plain

 

 

 

 

 

Pointlessvlog

f:id:mygwkig:20180411172225j:plain

こちらはイギリス、ブライトンに住む男性ブロガー。生活スタイルを撮影するVlogってのが流行ってて、日常の会話、スラング、文化なんかが分かるから長いけど見入ってしまう。僕は毎回イギリスの生活にめっちゃ憧れてます。

 

この人の奥さんも人気Youtuberでいろいろ見てみるとおもしろいかも。

 

 

 

 

 

Dude Perfect

f:id:mygwkig:20180411172706j:plain

アメリカ出身のグループ。トリックショットとかすご技系をアップしているパフォーマー。あんまり会話はないけどオススメ!

 

 

 

 

Smosh

f:id:mygwkig:20180411173030j:plain

こちらもアメリカの劇団系Youtuber。個人的にevery○○everっていうシリーズが好き。

 

 

Brittneyleesaunders

 

f:id:mygwkig:20180411173359j:plain

 

こちらはオーストラリア出身の女性Youtuber。オーストラリア英語に慣れときたいって人はオススメ。

 

 

 

Wolfieraps

 

f:id:mygwkig:20180411173719j:plain

 

アメリカ出身。この人もまた破天荒。マックでビックマックめっちゃ買って食べれるか??みたいなことやるんだけど全然食べれず。。でも最後はホームレスとかにあげるから優しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど。

まだ他にも好きな人いっぱいいるのですがキリがないのであとは自分で調べてみてください!!その人の動画を見ていくうちに、語学力、リスニング力が身についているかもしれません!

 

嫌々勉強しててもつまんないし伸びないと思うので、こういう学習法もあるんだってことで今回は紹介しました。

 

日本を離れて結構経ちますが、今思うことは語学学習に終わりはないです。完璧な人なんて存在しないです。ということ。まあ自己満足と言ってしまえばそれまでですが、それ以前に、目標を持ってそれを達成することが英語ペラペラになることよりも大切かなと。

 

という具合に見事に日本語が頭の中に浮かばなくなってきたしタイピング辛いので今日はこれまで。

 

近々オーストラリアのまとめを書きたいと思います。

 

 

では!!!

 

 

 

オーストラリアに来て3ヶ月。今思うこと。

 

みなさんおひさしぶりです!

もう2月っすね。僕がオーストラリアに来てから3か月が経ちます。今日は現在の僕とパースで生活していて思うことを率直に話していきたいと思います。

 

留学、ワーキングホリデーしようとしている人に少しでもお役に立てたらなと思います!

 

 f:id:mygwkig:20180206222858j:image

 

 

①パースに来て正解だった

 

そもそも僕がオーストラリアに来た理由はお金をがっつり貯めるためです。ワーホリしに来る人のほとんどがそうですが思ったよりお金がたまらない人がほとんどだと思います。

 

その理由は物価が高いのと、なんだかんだお金使っちゃうからです。オーストラリアは給料がいい上に週に一回給料日があります。しかもだいたいの店でデビットカードが使ます。いやーお金は使えば減るんすよね。。。

 

なんでパースが正解だったのかっていうと、他の街に比べて誘惑が少ないってのが大きな理由っす。来てみればわかりますが本当に規模の小さい町ででかい公園がいっぱいあって、特に観光名所もないという。。

あと3か月いて雨の日がまだ2回しかないっすw

 

本気でお金を貯めたい人はパース来るべきだと思います!

 

日本でオーストラリア人の友達作って、いろいろ紹介してもらうのもありっす!

 

東海岸も悪くないと思います!

 

仕事を見つけられればの話ですがね。

 

 

 

 

 

②仕事、これも正解だった!

 

ワーホリは掛け持ちをいかに効率よくしてお金を作っていくかが大事だと思ってたので今の生活がベストだと思います。自分でもうまくいってるなと思うくらい。

 

だいたいの今のスケジュールが朝の仕事、昼、夕方から夜とパートタイムの4つあって毎日続いています。

 

結構ハードですがなんとかなってます。

 

今後ワーホリでどうお金を貯めるのか他で書きたいと思います!

 

日本人レストランとか日本語使うところで働いてる人はちょっと、、、

 

仕事は選ぶべし。

 

 

 

 

③親のありがたみを知った

 

お金を貯めに来ました。

なので無駄なものにお金を使いたくないです。

そうなると自然と何も買わなくなり、何も食べなくなり、仕事のまかないと水のみで毎日ガンガン働いてました。

 

2週間前のことです。

体調が急激に悪くなり頭痛とめまいの中(人生でめったにない)仕事中に包丁で指をバッサリと切り(かなり深く)、血が噴き出したのを見て意識を失いました。

 

自分では大丈夫だったはずが、体は正直なものでかなり無理してたみたいです。

 

ストレス性なんとかっていう症候群らしく、栄養と休養が必要なそうな。。。

 

自分の限界を知れたいい機会でしたが、マジで無理はしないほうがいいです。

 

早くお金を貯めて自由な生活したいなー

 

 

 

 

④気になる英語力??

 

ワーホリじゃ英語力上がんないよってよく聞くと思います。

 

じゃあ、あなたの思う英語力ってなんですか??

 

コミュニケーションが不自由なくとれて自分の言いたいことが言えること

 

なのか

 

ネイティブレベルで会話して発音も完璧で単語もめっちゃ知ってること

 

なのか。

 

はっきり言ってワーホリでは英語は完璧になりません!でも仕事次第ではネイティブと同じ仕事をしていくので、コミュニケーション能力?ってのはかなり向上すると思います!

 

僕自身5ヶ月経って会話にはほとんど不自由なくなって言いたいことも言えるけどまだまだだなってまじで思います。

 

でも英語ばっか勉強してたってもったいないんじゃないかなって思います。

 

海外にいる時間はほとんどのひとが限られていて無駄にはできませんよね。

 

1年間英語勉強してきました!!って日本帰ってきて日本で生活してどうせみんな忘れていくんですよ英語を。

 

自分的にその英語を使わずして帰国して日本で就職してっていやそれモテたいだけやんか!!としか思わないっすね。。。

 

だから英語もほどほどに使えてお金も稼げて、その上いろんな経験できるワーホリのほうが、なんだかんだ効率がいいような気がします。友達もいっぱいできるし。

 

海外の大学を卒業する日本人は年に何万人もいます。たった1年海外で遊んでた人とは比べものにならないっす。勝てるわけないです。

 

なら人とはちょっと違う経験した方がいいっしょ!ってのが僕の考えっす!

 

まあ人それぞれですがね!!

 

 

 

 

 

 

⑤全てが経験に

 

どこで、なにをするのか、何を買って何を食べるのか。全てが自分次第で誰にも頼れない状況にいますがこれがめっちゃ楽しいっす。

 

日本で就職してずっと日本で暮らすのも悪くないですが、僕はそんなストレスフルな生活はしたくないです。

 

この先の人生何をしてるのかまじでわかりませんがこのわからないのがおもしろいんすよ!

 

だって毎日いろんなことが起きていろんな国の人と会って話して楽しくないわけがない!!

 

 

安定なんかクソくらえって!!

 

 

って自信持って言えるくらい頑張ってきたし強く感じます

 

 

何事も経験。

母親に言われてきたことが今に活きてます。

 

 

残りの3ヶ月オーストラリア楽しんで働きまくるぜい!!!

 

 

では!!

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアでUberEATSの配達員やってみた

みなさんこんにちは。

いやあ夏ですね、暑いですね、クリスマスですね。

 

そうです、僕は今オーストラリアにいます。

ワーキングホリデーのビザを取得して毎日鬼のように働いています。

 

海外で働くこと、英語を使う環境に初めは戸惑いましたがかなり慣れてきました。

ぶっちゃけ日本で働くのと、海外で働くことはほとんど同じです。

英語か日本語か、給料が高いか低いか、くらいです。

みんな海外で働くっていうとなんかエリートみたいなステレオタイプがありますが全然そんなことはないです。

どの国の人も、英語ができてもできなくても、することは一緒だと思います。

 

まあアジア人は比較的せっかちで声でかくてすぐにキレますが。。。

 

そんなことはさておき、今日は僕の3番目の仕事、UberEATSの配達についてお話ししたいと思います!

 

Uberとは

f:id:mygwkig:20171222162536j:plain

みなさん知っていると思いますが一応簡単に説明しますと、海外でかなり有名な会社で、自分の車を使って空いている時間にタクシーとしてお金を稼げますよっていうサービスをしているところです。

日本では法律で禁止されているのでまだ利用できないと思いますが海外に行くことがあるのであれば知っておいて損はないです。

タクシーよりも安くて料金も一定なので安心っす。アメリカとかだとほとんどUberで移動しますね。

アプリダウンロードしたらすぐに使えますよ!

 

UberEATSって?

f:id:mygwkig:20171222162655p:plain

 

これは人を運ぶのではなく提携しているレストランやお店のフードをお客さんのところまで運ぶっていうサービスです。

利用者はアプリから食事を注文して配達員がそれを届けるという流れです。

 

僕はこのUberEATSの配達員に登録して実際にお金を稼いでみました!

 

ちなみにUberEATSは日本でもできます!

 

 

登録方法

 

登録は簡単で、ホームページから配達員情報を入力、個人情報を証明するID(パスポート、国際免許証など)の画像を送って、オフィスから連絡が来たら専用のバックパックエスパー伊東入れるんじゃねってくらいの)をもらって説明を受けて終了です!

 

だいたい1〜2週間ほどで登録できてその日から好きな時間に、お金を稼ぐことができます。

 

準備するのはチャリ、またはバイク、車。そして飲み物!それだけ!

 

携帯のアプリを使って仕事をしていくので充電器があれば楽です。

 

 

どのくらい稼げるのか

 

ここが重要ですよね。実際は場所によってレートが違います。

オーストラリアでも西と東だと変わってきます。

自転車かバイクか、これにも差がありますが今回僕は自転車での挑戦ということで。

 

給料はは届ける場所、時間にもよりますがそれは自分では決められないので平均で出していきます。(3〜5km圏内の配達)

 

僕は1か月間平日の昼の時間を使って配達をしました。

 

簡単に言うと、1回の配達で平均6〜8ドル(500~700円くらい)もらえます。

 

ピーク時という時間がありまして昼だと11時〜14時、夜は18時〜21時くらいです。

平日の昼だと30〜50ドルは稼ぐことができます。

時給だとだいたい15〜19ドルくらいです。

どうでしょうか、結構いいお小遣いになるんじゃないでしょうか。

 

僕の場合平日の昼のみ走って週に150〜200ドル稼げればいい方です!

 

 

こんな人におすすめ 

 

  • 海外留学生活しているはいいものの、なんか暇な時間あるよってひと(勉強せえ)
  • ワーキングホリデーで空いてる時間を使いたい人。
  • 現地の人達と少しでも絡みたい人!

 

などなどっす!

3番目に関しては、お客さんがほぼ現地人なので、接客も、道に迷った時も、電話も全部英語で会話します!当たり前です!

英語力をあげたいって人にはぴったりなんじゃないでしょうか!

 

会社のオフィスとかマンションとかいくと海外って全然ちげえなっていつも思います。

 

本当に、海外で働くことは何倍もいい経験になると思うのでおススメです!

 

特にUberは自分の好きな時間に働けるのでめっちゃいいですよ!

 

みなさんもぜひトライしてみてくだせぇ!!

 

ではでは!

 

 

 

 

セブ留学のいいところ、悪いところ。

 

みなさん、おひさしぶりです。この2か月間フィリピンのセブで英語の勉強をしていました。日本語のキーボードが打ちにくすぎて手こずってます。

 

その理由はこの2か月間意識的に日本語に触れなかったことと(これからも)僕はTOEFLのコースにいたので、英語のタイピングスキルが必須になるからです。詳しくは後ほど!

 

ということで今回はフィリピン、セブ島留学のいいところ、悪いところを僕なりに分析していこうと思います。基本的に独断と偏見なのであしからず。

 

f:id:mygwkig:20171107183055j:plain

 

 

 

まずは"いい点"を挙げていきたいと思います。

 

 

①勉強に集中できる環境。

 

フィリピンの語学学校は基本的に寮が付いていて食堂も学校内にあります。自習室は24時間でWiFiも使えるので何一つ不自由はないです。学校によってはプールやジム、カフェテリアなどの施設もあります。その点で学校を選ぶ人もいると思います。

なので僕は早朝と授業後〜深夜まで自習室に行くことが多かったです。

あ、自習用の教材をいくつか持っていくことをおすすめします!

僕はかなり持って行ってこっちで厳選しました。

宿題なんか秒殺なんで、何もないと苦しいっす。。

 

土日は授業がないので、めっちゃ勉強できます!

息抜きにおすすめは海外のキチガイYoutuberの動画を見ること。

 

 

②授業の質がいい。

 

これはコースによって異なると思いますが、先生は全員フィリピン人で、3〜6人のグループ授業と、1:1の個別授業があります。時間割は学校によりますが僕の場合は、グループ授業×2と個別授業×2の4コマ。1コマ90分でその他にも早朝と夕食後にあるスパルタクラス、レクリエーション的な感じのスペシャルクラスってのが1コマずつありました。

 

先生はとても元気でフレンドリーで一生懸命取り組んでくれます。

僕の場合はTOEFLコースで、セクションごとの授業で先生もわかりやすくてよかったです。

初心者コースとかになると、とにかく話すだけとか、基本的なことを少人数で教えてくれるのでめっちゃいいと思います。

 

大事なことは話すこと!わからないことは聞くこと!

 

 

 

③とにかく安い。

 

基本的に留学って高いイメージがありますよね。ですがフィリピンは比較的安く英語の勉強ができます。物価も安いですし、英語圏じゃないっていうのもあります。

 

例えば、僕が初めて留学したニュージーランドではホームステイと語学学校の授業料+エージェント利用で1ヶ月トータル60万円くらいでした。

(もちろん自腹!)

 

ところがどっこい、僕の学校(比較的高め)は3か月で55万円です!

(自腹!!)

 

安いっすよね、食費も含まれてるんで無駄な外出、レジャーを避ければかなり費用を抑えることができます。

 

ちなみに物価はかなり安いです。カンボジアジンバブエナミビアとかと肩を並べるくらいっすね。ローカルのスーパーで見たのが、2Lコーラが60円。危なさそうな屋台とかになるともっと安いっす。

 

逆に海とかめっちゃ行きたいあなた!安いらしいですよ〜〜

僕は結局1回も海には行きませんでしたってか1、2回しか外出しなかった。。

 

もっと綺麗なとこ知ってるもんねこの世界で!!!

 

 

 

④資格を取りたいあなたへ。

 

かなりおすすめっす。学校ごとですがコースがあって徹底的に過去問やらテキストを解いていきます。確実にスコアは上がると思います。

 

就活前の大学生や、就活後の意識メン系、派遣留学狙ってますって人、海外の大学に入学、編入したいって人にはピッタリです!

 

1か月もいればある程度自慢できるスコアになるんじゃないですかね。

僕の学校は毎週末に模試があったので試験慣れすることもできました。

特にTOEFLは時間慣れが必要。(約4時間)

 

 

まあこんなところですかね。もっとあるかなぁ、、、

ではでは、悪いところを探っていきましょうか。 

 

 

①日本人が多い。

 

これは難点です。セブにある多くの語学学校は日本人経営か韓国人経営、もしくは共同ってこともあります。ですので、必然的に日本人、韓国人、アジア人が多くなります。僕の学校はロシア人、サウジアラビア人も結構いました。

 

こういった環境になると何が起こるのかわかりますよね。

海外行った人はわかると思います、日本人のグループ、韓国人のグループ、台湾人のグループ、、、という感じに固まっちゃうわけですよ。

「あっ日本人ですか、こんにちは、こっちにみんないるんで一緒にご飯食べませんか」

「いいんすか!ぜひぜひ!」

おきまりの流れ。まあ確かにわからなくもないですよ。海外きて友達を作りたい、中には初めての海外で不安な人もいるでしょう。僕も初めはそうでした。海外にいる日本人ってかなり変わった奴が多いですからね。一緒に勉強して週末は出かけて、中には恋愛に発展する人たちもいます。いいんじゃないっすかね。お好きにどうぞ♡

 

 

けどここにきた一番の目的はなんですか。

英語を勉強しに来たんですよね。観光しに、恋愛しに来たわけじゃあないっすよね(一部のガチで遊びに来ている人を除く)

不安なのはわかります。治安とか気になります。友達も多くいて困ることはないです。勉強の息抜きに遊びに行くのもありっす。

 

けど一番の目的は英語力を向上させるためですよね。

なら勉強しましょうよ、日本語使うのを避けましょう。

他の国籍の友達と遊べばいいじゃないっすか!

どうせ僕らは日本に帰るんだよ!!

 

わかってるけどできないことが人間の弱さでありフィリピン留学の弱みでもあります。

 

ま、英語圏に行っても同じようなことしてる人たちはたくさんいますが、僕は気にしません。お好きにどうぞ。僕の邪魔はしないでください♡

 

ちなみに僕はルームメイトの1人しか日本人の友達を作りませんでした。

 

 

 

②ネイティブの英語に触れることができない。

 

先ほども述べたように先生は全員フィリピン人です。彼らはネイティブスピーカーではありません。中にはネイティブスピーカーを雇っている学校もありますがごくわずかです。理由は簡単、人件費を削減するためです。

 

フィリピン人講師1人当たりの給料は1か月およそ2万円です。週に5日朝から晩まで働いてこの給料です。

 

Business is businessなんです。彼らも僕らもうまい具合に転がされているんですよ。

学校の文句を言うとキリがないんで、とにかくネイティヴと話す機会もなければ、正しい発音、スラングなどの実践的な英語は習得できません。

 

講師やスタッフの中には、え、あんた英語できんの?って人もいますし、こっちがわからないことがあるとめっちゃバカにしてくる人もいます。結構腹たつ時が何回かありました。

 

なので割り切ることが大事っす。ガチでネイティヴと交流したい人は英語圏に行きましょう。

 

補足ですが英語圏の語学学校も同じです。語学学校にネイティヴの生徒はいません。

先生はさすがにネイティヴだと思いますが。

 

だからなんていうか、"何をするか"が大事だと思います。

目標持って意識高く勉強してれば、結果はついてくると僕は信じてます。

 

ま、ネイティヴのみんなと40日間旅した方が楽しいし英語力も上がったよね。

 

③つまんない

 

僕は勉強が嫌いです。人生で一度も受験せずに大学生になりました。

これは完全に個人の感情ですが、ここでは毎日同じことを繰り返しクリ返し、、

徐々に先生も生徒も授業を作業のようにこなしていきます。

果たして自分の英語力は上がっているのだろうか。こんなことをしていて意味あんのか。そんなことも思いながら淡々と日々を過ごしていきました。

いっそのこと学校やめて英語圏いっちゃえー!

っていうのが僕の決断です。

慣れってマジで怖いですよね。

ですがこのケツ弾は間違ってなかったと思います。基礎は学べたので十分やっていけます。

慣れっていうこの人間の習性をうまく使えばいいんすよ!

 

 

けどフィリピン留学、あんまり期待しないほうがいいっす。

周りの人が言うほどいいもんじゃないっす。

 

 

 

まとめ

 

セブ島留学、思ってたよりも充実していた部分もあるしがっかりした部分もありました。

目的によって異なりますが英語は使ってなんぼだと思います。

伝わりゃいいんです。お互い理解し合えばいいんっすよ。

そんな1年や2年じゃ完璧にはなりませんからね。

あとは自分次第っす。どれだけ頑張るのか、どう誘惑に打ち勝つのか。

正直他人のことなんかどうでもいいです、自分が満足すればOK。

海外くればわかります。謙虚はある意味で恥。YESかNOか。自己中でナルシストなやつばっかりです。僕も徐々に染まりつつあります。

自分の人生なので、言いたいこと言ってやりたいことやって、いい意味でわがままに生きていきます。それでいいんです。

 

これからオーストラリアに行ってワーホリをします。場所は"有名な"パースです。笑

期間は約1年くらいで日本語には頼りたくないので自力でバイト先探します。

友達たくさん作って(できれば彼女)思いっきり楽しみたいと思います!笑

 

皆さんも楽しんでください!同期のみんな、就活ファイト!!!

 

今日の一曲

 コールドプレイで3番目に好きな曲っす。

www.youtube.com

 

 

 では!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーバーランドツアーをオススメする理由

こんにちは!

僕は現在フィリピンのセブ島にいます。

そうです語学留学ってやつです。

実はもう、語学留学なんか必要ないんじゃないかなって思います。

ぶっちゃけいくら勉強しても、使わなきゃ意味ないし、文法なんか間違ってても伝わりゃいいんです。

っていうことを今回のツアーで考えましたw

 

今日話すことは全て僕の意見ですので、鵜呑みしないようにお願いします笑

 

 

旅を楽しみながら英語を学ぶ

 

はっきり言います
僕みたいな旅人にとってこのツアーは最高の環境です。
まず、

  • アジア人が少ない。(途中の1週間以外日本人1人)
  • かなり安全(現地出身のガイド、バス移動、集団行動)
  • 語学留学より英語を使う。
  • 同じ世代が多いのでわからないことが気軽に聞ける
  • 世界中に旅人仲間が増える

って感じですかね。

めっちゃいいっすよね!! 

 

語学留学との比較

 

一般の語学留学は、学校に行ってネイティヴではない国の人、もしくは日本人(1番ダメ)と一緒に英語の勉強して終わりですよね。

自由な時間が多い分英語を使わない時間も実は多いんです。

日本人と話しして何が楽しいんですか!!!

ただの旅行じゃないっすか。。。

まあ人それぞれですが。

 

今回参加したツアーは、40日間ネイティヴと共同生活をしながら旅をしていく形です。

ほぼ毎日キャンプ生活なので当然、WiFiなんてありません。

なのでとにかく話して時間を潰すしかないんです。笑

おしゃべりが大好きな外国人はすぐにディスカッションになります。話題はそれぞれの国のことや自分の好きなことなどなど、とにかく話しまくります。

そして必ずと言っていいほど意見を聞かれます。英語なんて間違っててもちゃんと聞いてくれます。みんな優しいですが話しかけてくる時は手加減なかったですw

 

ネイティヴに囲まれて生活&旅をしたい人はぜひ。

 

耳が慣れたら勝ち

 

英語なんて言葉なんだ!!ってどっかで聞いたことありますが、本当にその通りです。

英語なんてただのコミニュケーションツールであって、ある程度慣れればいけます。

なので1年間英語だけを勉強するパターンは本当にもったいないと思います。

1年ちょっと英語を勉強したところでどうせ日本に帰れば英語を使わなくなります。使わないと衰えます。

たった1ヶ国で英語を勉強したとしても、あなたは何も知らないまま終わります。

そんなんで就職に有利とかになるのかねって思うことがあります。

その分のコストが高すぎますよ留学って。

 

 

それと打って変わってこのツアーは旅をして感動を共有して、英語できるようになって、、、

いいことしかないっす。安全にいろんな国いけるし。

なので今ちょっと後悔してます。アフリカに行く前に語学留学を決めてしまったので。

 

アジア人が少ないってのも大きなポイントなのではないでしょうか!!!

 

 

 

僕らはネイティヴにはなれない

 

なんで日本人なんだろう

旅の途中、何度も思うことがありました。

海外に出ている人はある程度憧れがあって、目標があるはずです。

 

最初の5日間はまじで何言ってるかわかんなくて、会話も成り立たなかったです。

 

その状況を打開できたのは開き直ることでした。

おれは頑張ってもネイティヴにはなれない。でもあいつらも日本人にはなれない。

なら悩んでないで自分の言いたいことバシバシ言ってやろうと。

壁にぶち当たって行きました。

何回も泣きました。

でもみんなも受け入れてくれて、旅を楽しむことができました。

 

英語ができることに越したことはないんですけどね。。。

 

満天の星空の下で毎日キャンプして、お酒飲んで踊って。
本当に楽しすぎました!

 

 

Once in a lifetime

 

一生に一度って意味です。

最高の思い出を作りたい人はぜひ、オーバーランドツアーに参加してみてはどうでしょうか。

 

たくさんの会社がありますがオススメは

G adventures です。↓↓↓

www.gadventures.com

行けばわかります。みんなに知ってほしいっすまじで!!!

 

f:id:mygwkig:20170917220939j:plain

 

詳しいことが知りたかったらコメント、DMください!!!

 

では、勉強頑張りまーす。